手術後初回外来

腎臓癌

検査は、血液検査のみでした。
担当医師にご挨拶
以下、先生とのやり取りです。
録音を元になるべく先生の言ったことを忠実に再現しています。
お変わりありませんか。(はい)
今日の採血の結果です。(はい)
腎臓の機能は、まあ術前とほとんど変わってないので、
機能は問題なしです。(はい)
手術の結果なんですけども、癌は癌でですね、乳頭状腎癌ていうタイプのもので、
腎臓の癌のだいたい10%ぐらいの比較的めずらしいタイプの癌です。(なるほど)
腫瘍自体はですね、全部取り切れている状態で、まあ元々、もろいので、
こうやって包まれているんですね。(はい)
ふわっとこんなふうになったんですよ。(はい)
もろい組織でできている乳頭状腎癌。(はい)
乳頭状腎癌というのは、二種類あって、タイプ1と2っていうのがあってですね、
今回見つかったのは、ちょっと悪いタイプのものになります。
タイプ1が、おとなしいもので、タイプ2がちょっと悪いタイプ。
ここにG3って書いてあるんですね。これはグレードっていって、
悪性度っていうのをみてるんですけども、1~3まであって、
1がおとなしくて、3がちょっと悪いやつ。
こっちに書いてあるのが、国際分類、これは、ファーマン分類っていうので、
これは、1~4まであって、そのうちの3番なので、細胞自体は、かなり悪い
タイプの細胞なんですね。(そうなんですか)
病気の状態自体は、初期の状態なんですけども、
とりあえず、3ヶ月後にまたCT撮って、経過を見ていく必要があります。(はい)
乳頭状腎癌っていうのは、リンパ節転移とかを起こしやすいタイプです。
手術の時に見た感じだと、一番転移しやすいところにリンパ節とか
なかったんですけども、今後、そこら辺を見ていく必要があります。(はい)
かなり思ったより悪い細胞が出たっていう。(なるほど)
(早くしてよかったのかな)そうですね。
あとは、再発をしないかどうかっていうところを見ていく必要があります。(はい)
再発は、基本的には手術した場所か、もしくは、遠隔転移みたいな感じ。
手術した場所に出てくるような場合は、腎臓を取っちゃうという方針になりますし、
他に出てくる場合は、出た場所とか数にもよって方針が変わってくる感じになります。
今何か気になることはないですか。(ないです、何か気をつけることはないですか)
これといってないです。今どれくらいですか。(1ヶ月弱です)
1ヶ月たったら、普通の生活に戻してもらって、お酒飲んだり(お酒は飲まないです)
今度、CTですね、この病院のCT全然予約が取れないので、提携先の病院で、
3ヶ月後ぐらいにCTを撮ります。
(手術してみないとわからないものなんですね)
そうですね、典型的な腎癌とはちょっと違う感じはしてたんですけど。
前に造影剤使って気持ち悪くなったりとかなかったですか。(ないです)
喘息はないですか。(ないです)
アレルギーは。(ないです)
診察の予約を入れておきますので、5月20日にしておきます。
(CTをそれまでに)はい、そうです。
20日の日に採血も採らせてください。
(連休明けですね)
2、3週間以内に受けていただければ、大丈夫です。
膵臓の数字もしっかり下がりました。(よかったです)
あと何かご質問はありますか。
(いえ、ありません)
傷口見せてください。
大丈夫です。
もうちょっと赤みひいてくると思います。
では3ヶ月後。
また、何かあったらご連絡ください。
(ありがとうございました)

コメント

  1. コラット より:

    詳しく書き起こしてくださり、私も参考になります。
    ありがとうございます。
    色々知ってしまうと穏やかではいられないかも知れませんが、ストレスをためないように、明日へ向かって行きましょう!

    • kaname より:

      主治医の説明は丁寧でわかりやすいのですが、
      何度も繰り返し聞くことで、
      さらに理解が深まると感じています。
      いつもありがとうございます。
      前向きに頑張っていきます。