だれもががんに

腎臓がん

厚生労働省による毎月勤労統計の不正調査問題が取り沙汰されています。
そこで、がんについても統計をもとによく言われていることに、
日本人の2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで死ぬ。
平成29年人口動態統計によると、性別にみた死因順位で、
男性は、死亡総数を100とすると、悪性新生物<腫瘍>は、31.9%、
女性は、23.5%、全体では27.9%と、男性、女性、全体ともに、
第1位です。3人に1人ががんで死ぬという根拠です。
また、国立がん研究センターの最新がん統計によると、
がんに罹患する確率~累積罹患リスク(2014年データに基づく)
で、生涯がん罹患リスクは、がん全体で、男性は、62%、女性は、47%
となっており、これが日本人の2人に1人ががんになるという根拠です。
※罹患(りかん) 病気にかかること

コメント

タイトルとURLをコピーしました