がんと生きる言葉の処方箋

腎臓がん

ドキュメンタリー映画『がんと生きる言葉の処方箋』が、
公開されることを、Twitterで知りました。
がん哲学外来から発展してできた
「がん哲学外来メディカル・カフェ」を開設して、
元気に生きる4人が主人公だそうです。
がん哲学外来を提唱する樋野興夫教授の講演会には、
がんの手術を受けて退院した数日後に、参加しました。
医療現場と患者との間にある隙間を埋めるために、
交流の場をつくることから活動を開始し、
対話の場であるカフェという形で、
がん患者が、いろいろな人との対話により、
がんであっても、尊厳をもって、
病気であっても、病人ではない人生を、
生き切ることのできる社会の実現を目指す活動が、
全国に広がっているそうです。

公式サイト
https://kotobanosyohousen.wixsite.com/website

コメント

タイトルとURLをコピーしました