がん検診

腎臓がん

厚生労働省ホームページ がん検診より

がん検診は、健康増進法に基づく健康増進事業として、市町村が実施している。
厚生労働省は、「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針」を定め、
市町村による科学的根拠に基づくがん検診を推進している。

内容としては、
胃がん検診 問診及び胃部エックス線検査 40歳以上 年1回
子宮がん検診 問診、視診、子宮頸部の細胞診及び内診 20歳以上 2年に1回
肺がん検診 問診、胸部エックス線検査及び喀痰細胞診 40歳以上 年1回
乳がん検診 問診、視診、触診及び乳房エックス線検査(マンモグラフィ)
40歳以上 2年に1回
大腸がん検診 問診及び便潜血検査 40歳以上 年1回

※喀痰 痰をはくこと。また、その痰。

年1回受診している協会けんぽの健康診断では、

胃 胃部X線 被保険者一般検診
肺 胸部X線 被保険者一般検診
大腸 免疫学的便潜血検査 被保険者一般検診

私は、男性なので、女性の場合はわかりませんが、
健康診断で、厚生労働省の推進しているがん検診は、
受けていると考えてよいのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました