私の携帯電話機種

携帯電話

スマートフォンを使い始めたのは、2010年頃だったと思います。

業務用として、iPhoneが支給されました。

個人用は、まだガラケーでした。

個人用をスマートフォンにしたのは、2016年12月からです。

現在契約しているOCNモバイルONEで始めました。

家族は、iPhoneを使っていました。

自宅の光回線を、NTTのフレッツ光から、KDDIのauひかりに替えて、

auスマートバリューで、iPhoneだったと思います。

同僚は、業務用が、iPhoneになって、

個人用と業務用、どちらもiPhoneになりました。

当時、その同僚に、iPhoneの使い方をいろいろ教えてもらいました。

業務用で既にiPhoneを使っていたので、同じ機種を2台持つのも、

嫌だなと思って、androidの機種にしました。

最初の機種は、ASUSの7インチSIMフリータブレットZenPadでした。

価格は、2万円程度だったと思います。

普段、インターネットはPCを使用していて、

業務でiPhoneを使ってみて、画面が小さくて見づらいと

感じていたので、大画面のものにしました。

当時のiPhoneは、iPhone4sでした。

使ってみて、やはり大きすぎて、持ち運びに不便。

当然、ポケットに入らないので、鞄に入れていました。

電話もしづらく、着信に気づきにくい欠点がありました。

ZenPadを売却して、UPQ Phone A01、アウトレット新品で、

約7,000円に買い換えましたが、バッテリー問題等あり、

メーカーへ返品しました。

次が、ZTE SIMフリースマートフォン BLADE V7、

アウトレット新品で、値段は忘れましたが、1万円前後で購入。

初期不良なのか、電話に不具合があり、1週間ほどで返品しました。

次に購入したのが、VAIO Phone(VA-10J)です。

メインプロセッサ クアルコム製Snapdragon 410(1.2GHzクアッドコア)

1280×720画素の5インチディスプレイ

2GBのメインメモリ

16Gバイトフラッシュメモリ

2500mAhのバッテリ容量

サイズは141.5×71×7.9ミリ

重さは約130グラム

アウトレット新品で、価格は1万円。

小さくて、持ち運びは問題なし。性能は、ちょっと不満でした。

そこで、SIMサイズがmicroSIMの、Xperia Z4 SO-03Gに買い換えました。

CPU 2.0GHz(クアッドコア)+1.5GHz(クアッドコア) オクタコア

ディスプレイ サイズ 約5.2インチ

解像度(ドット数)フルHD:1080×1920

メモリ RAM 3GB ROM 32GB

電池容量 2930mAh(内蔵電池)

サイズ(高さ×幅×厚さ)約146mm×約72mm×約6.9mm

質量 約144g

中古で、価格は約1万円。

状態が良かったので、替えました。

普通に使用するには、問題なかったのですが、

そろそろ寿命かなと感じたのと、

楽天モバイルを試したいので、思い切って買い替えました。

今まで、あまりお金かけてないですね。(笑い)

私が今使っている携帯電話の機種です。

機種 OPPO RenoA 128GB ブラック

一括価格 38,800円 (2020年3月購入)楽天市場

【写真】RenoA

私としては、けっこう高い買い物でした。

基本スペック(抜粋)

メーカー
オッポジャパン株式会社
製品名
OPPO RenoA 128GB

ルー / ブラック
サイズ
約158.4 x 約75.4 x 約7.8 (mm)
重量
約169.5g
ディスプレイ
サイズ 約6.4インチ
種類 AMOLED(アクティブマトリクス式有機EL)
画面占有率 91%
解像度
FHD+ / 2,340 × 1,080
CPU
Qualcomm® Snapdragon™ 710 / オクタコア 2.2GHz + 1.7GHz
OS
Android 9 ( ColorOS 6 )
内蔵メモリ(RAM / ROM)
6GB (RAM) / 128GB (ROM)※楽天モバイル限定
外部メモリ
micro SDXC™ (最大 256GB)
バッテリー容量
約3,600mAh
Wi-Fi
802.11 a/b/g/n/ac
指紋センサー
対応
USB
Type-C
おサイフケータイ
対応
防水・防塵
IPX7 / IP6X
SIMロックフリー仕様
デュアルSIMスロット(nano SIM×2)
*SIM2枚使用時、micro SDは使用不可

現在、通話はOCNモバイルONE、

データはRakuten UN-LIMITで使用しています。

【写真】SIM

国内のスマートフォンメーカーシェア(MDD研究所)2019年

1位 Apple       42.8%
2位 ソニーモバイル  18.4%
3位 シャープ       12.6%
4位 Samsung             8.3%
5位 HUAWEI                   5.7%

世界のスマートフォンメーカーシェア(Strategy Analytics)2020年1月~3月

1位 Samsung                  21%
2位 HUAWEI       17%
3位 Apple         14%
4位 Xiaomi       10%
5位 OPPO        8%

OPPOは、世界シェア5位の中国のメーカー
2018年2月より日本市場へ参入
2019年10月より指原莉乃さんをイメージキャラクターに
起用したCMが放映されている。

決めては、デュアルSIMスロットです。

現在の契約を残しつつ、もう一つの契約を試すのに、

2台持ちではなく、1台の端末でできることです。

楽天のショップで、たまたまOPPOの営業の方と

話をするきっかけがあり、けっこう長時間店舗で話をしました。

不明点もほぼ聞けて、納得したので、決めました。

ちなみに、店舗ではなく、Webで申し込みました。

スペックを抜粋して掲載していますが、

今後、私なりの比較検討の仕方とか、

失敗したと思ったことなども、

詳しく述べる予定にしています。

携帯電話
スポンサーリンク
シェアする
kanameをフォローする
kanameのブログ
タイトルとURLをコピーしました