私の携帯電話契約選び

携帯電話

最初の機種は、ASUSの7インチSIMフリータブレットZenPad

でしたが、携帯電話として使用する前に、1週間程度、

IIJmioのJAPAN TRAVEL SIMのデータSIMを試しに使いました。

外国人旅行者が日本国内でインターネットを使うための

SIMカードで、面倒な契約は必要なく、

もちろんクレジットカードも必要ありません。

ガラケーは解約せず、タブレットとして併用しました。

インターネットの使い勝手等を確かめたかったからです。

使用して問題なしと判断して、音声SIMに切り替えました。

その後の機種の変遷は以前に書いた通りです。

当時の格安SIMは、NTTドコモ回線使用が、ほとんどで、

au回線使用は、関西電力系列のmineoくらいで、

SoftBank回線使用は、ほとんどありませんでした。

格安SIMの変遷、種類等については、説明を省略します。

私もあまりわかっておらず、うまく説明できませんので。

料金体系は、ほぼ横並びといったところかと思います。

私が、携帯電話ショップや、家電量販店で、情報収集して、

スマートフォンの契約がよくわからない人へのおすすめは、

通話が多い人は、Softbank系列のY!mobile、

データ容量繰り越しできる、au系列のUQmobile、

1年間無料の、楽天のRakutenUN-LIMIT、

この3つではないかと思います。

理由は、ショップがあるからです。

SIMカードの入れ替えや、設定に不安があれば、

有料でも、利用する価値はあると思います。

ですが、ショップがあるからこそ、

注意しなければならないことがあります。

ショップのほとんどは、代理店で、

大手キャリアの直営ではありません。

携帯電話機種の選択や、各種オプションサービス等

の契約については、事前に十分に調べておいて、

店員さんのいいなりにならないように注意してください。

SIMカードの入れ替えや、設定に不安がなければ、

OCNモバイルONE、LINEモバイル等のNTTドコモ系列の

格安SIMもそれぞれ特徴があるので、選択肢として、

検討すべきかと思います。

あくまで、私の勝手な意見です。

携帯電話
スポンサーリンク
シェアする
kanameをフォローする
kanameのブログ
タイトルとURLをコピーしました