新プラン発表

携帯電話

政府が求める携帯電話料金の引き下げをめぐり、

携帯大手のKDDIとソフトバンクは、10月28日、

自社の格安ブランド「UQmobile」と「Y!mobile」で、

データ通信量20GBの大容量プランを

割安で提供すると発表しました。

「UQmobile」の新プランは、

新料金プラン「スマホプランV」

月間通信容量20GB 月額料金3,980円

提供 2021年2月以降

代表的な現行プランは見つけられず。

「Y!mobile」の新プランは、

新料金プラン「シンプル20」

月間通信容量20GB 月額料金4,480円

(10分以内の国内通話が無料)

提供 2020年12月下旬

代表的な現行プラン 「スマホベーシックプランR」

月間通信容量17GB 月額料金4,680円

(10分以内の国内通話が無料)

そこで、大手3社の代表的な現行プランと比較してみると、

NTTドコモ 「ウルトラデータLパック」

月間通信容量20GB 月額料金6,000円

au 「auフラットプラン20」シンプル

月間通信容量20GB 月額料金6,000円

SoftBank 代表的な現行プランは見つけられず。

今まで、格安SIMを使っていたので、他社の

料金を調べたことがなかったのですが、

今回、比較のため、各社のホームページを見ましたが、

非常にわかりにくく、不親切であると感じました。

ちなみに、OCNモバイルONEでは、

月間通信容量20GB 月額料金4,400円でした。

報道では、大きく取り上げていますが、

果たしてどうなのでしょうか。

携帯電話
スポンサーリンク
シェアする
kanameをフォローする
kanameのブログ
タイトルとURLをコピーしました