交通事故

腎臓がん

本日、令和元年5月1日、午前9時43分、
交通事故に遭いました。
横断歩道を渡っていると、
前方で、一旦停止していた軽自動車が、
急発進で右折し、横断歩道の中央付近で接触しました。
車が来るのがわかったので、
両手でボンネットを押さえましたが、
右大腿部にバンパーが当たり、吹き飛ばされました。
幸い、身体をひねったので、
道路に体を打ち付けることはなく、
右肘打撲、右大腿部打撲、
全治約2週間の見込みという診断結果でした。
たまたま、前を警察のパトカーが走っており、
バックミラーで見ていたらしく、
すぐに降りてきて対応してくれました。
通行人も2人いて、見てましたよと証言してくれました。
祝日なので、救急車で当番の病院に運ばれました。
軽自動車を運転していたのは、高齢の男性でした。
車ばかり気にしていたので、
歩行者を見ていなかったようです。
当たって気がついてブレーキをかけて止まりましたが、
そのまま、アクセルを踏み続けていたら、
もっと大きな怪我を負っていたかも知れません。
高齢者の事故が、相次いで報道されていますが、
まさか、わが身に起こるとは。
怖いですね。とんだ災難でした。

腎臓がん
スポンサーリンク
シェアする
kanameをフォローする
kanameのブログ
タイトルとURLをコピーしました