健康診断を再考

腎臓がん

昨年9月5日に、実際に受診した診断結果です。

血圧と尿酸に関しては、
10月6日、健康診断を受診した病院の内科を受診し、
中止していた高血圧と高尿酸血症の薬の服用を再開しました。

ピソプロロールフマル酸塩錠2.5mg
レザルタス配合錠HD
フェブリク錠20mg

ここで、受診していない項目の、腹部超音波に注目しました。

腹部超音波
対象となる健診 被保険者
付加健診 自己負担額 最高4,714円
からだに超音波をあて、
肝臓、胆のう、すい臓、腎臓など
腹部の臓器・組織の様子を調べます。
腫瘍や結石があると、
その部分が白い像となって浮かび上がるため、
病気の早期発見に役立ちます。
検査結果に異常がみられる場合に考えられる病気は、
肝臓病(脂肪肝、肝炎、肝がんなど)
胆のう・胆道の病気(胆石、胆のう炎など)
すい臓の病気(膵炎、膵がんなど)
腎臓の病気(腎結石、腎臓がんなど)

今回は、検診前の8月16日尿路結石を発症し、
その結果、腎臓がんが見つかりましたが、
頻繁に尿路結石を繰り返していたので、
一般検診に加えて、
付加健診を受診しておくべきだったと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました