腎細胞がんで使用する薬剤の種類

腎臓がん

腎細胞がんで使用する薬剤の種類

血管新生阻害剤(VGFR阻害剤)
スニチニブ(スーテント)
パゾパニブ(ボトリエント)
アキシチニブ(インライタ)
ソラフェニブ(ネクサバール)
カボザンチニブ(未承認)
レンバチニブ(未承認)

エムトール阻害剤
エベロニムス(アフィニトール)
テムシロリムス(トーリセル)

免疫チェックポイント阻害剤
CTLA-4阻害剤
イビリムマブ(ヤーボイ)
PD-1阻害剤/PDL-1阻害剤
ニボルマブ(オプジーボ)
ペンブロリズマブ(キートルーダ)
アベルマブ(未承認)
アテゾリズマブ(未承認)

後ほど、説明していきます。

腎臓がん
スポンサーリンク
シェアする
kanameをフォローする
kanameのブログ
タイトルとURLをコピーしました