腎がん発症のメカニズム

腎臓がん

腎がんは、なぜ発症するか。
淡明細胞型という腎がんのメカニズムになるのですが、
体の中の細胞が、お腹が減ったとなると、
HIF(フィフ)というサインが体の中に出ます。
サインが出ると、血管が出てきて、酸素と栄養を運びます。
これが、細胞が生き残るシステムなんです。
これに対して、食べ過ぎるとだめというものがあって、
これが、VHLと呼ばれているものです。
このVHLに異常がおきるのが腎がんです。
VHLがいなくなるとどうなるか。
VHLは食べ過ぎはだめのサインなので、
HIFがどんどん増えて、血管がどんどん寄ってくる。
血管がいっぱい集まってきて、太りすぎたようなものが、
腎細胞がんと思っていただいていいと思います。
これが、発症のメカニズムなんです。
少し難しくなりますが、
HIFが増えると、細胞の中の核に入ってきて、
VGFといって、血管をどんどん増やしてしまう物質が、
産生されていきます。
がん細胞の中で、VHLがいなくなると、
HIFがどんどん増えてしまう。
そうなると、血管を増やしなさいというサインが、
ずーっと出て、VGFの受容体がどんどん増えてくる。
これが腎がんなんです。
では、このメカニズムのどこかをブロックしてあげれば、
腎がんがよくなるのではないかというのが、
お薬のメカニズムです。

腎臓がん
スポンサーリンク
シェアする
kanameをフォローする
kanameのブログ
タイトルとURLをコピーしました