将棋を始めたのは

未分類

プロフィールに、日本将棋連盟アマ初段と挙げているのに、

今まで、投稿しなかったので、少し触れたいと思います。

将棋を始めたのは、小学校の低学年だったように記憶しています。

その当時は、将棋の駒で、山崩しとか、はさみ将棋で

遊んでいたのですが、ある時、父親が、

碁盤の裏にマジックで線を引いた将棋盤の前に

ほとんど無理やり座らされて、教わりました。

適当に指すと、ちゃんと考えて指せと怒られて、

あまり好きではありませんでした。

しかし、学校で将棋は、流行っていて、休み時間に、

何人も指していて、自分も指すようになりました。

時には、下敷きにマジックで線を引き、鉛筆で駒を書き、

消しては、書きと、授業中にやりとりしたこともありました。

今の小学生は、そんなことしないですよね。

未分類
スポンサーリンク
シェアする
kanameをフォローする
kanameのブログ
タイトルとURLをコピーしました